いつ陣痛が来るかわからないので、早めに用意しておきましょう!

 

入院に必要なものリスト

※各病院で違うと思うので要確認!

おはし

毎回洗うのが面倒な人は、割りばしでいいかも。

水筒

温かい飲み物を飲めば、おっぱいの出が良くなります。
また、かなりのどが渇くので、水のペットボトルも何本か持って行ったほうがいいかも。

洗面用品、シャワー用品

お気に入りのものでテンションを上げよう!

タオル・ティッシュ

汗をかいたり、おっぱいがこぼれたり、なんだかんだでたくさん必要です。

筆記用具

授乳やら沐浴指導やら、予定をたくさん入れられるので、メモしないと覚えられません><

母子手帳

忘れたら絶対にダメです!

印鑑

何に使うのかは・・・忘れました(笑)

腹帯(さらしorウエストニッパー)

産後は骨盤がガタガタになるので、つけて戻りを良くしましょう!
分娩直後は、看護師さんがさらしを巻いてくれました。
私はトコちゃんベルトを持っていき、数日後からつけておきました。

前開きパジャマ

授乳をするときに便利です。
授乳用のパジャマ、シャツタイプのパジャマがおすすめです。
普通のものだと、お腹が丸出しになったり、ずり落ちて邪魔になったりします。
また、ベットに寝たまま、お下を何回もcheckされるので、ズボンを脱がなくていいワンピースタイプがいいかも。
寒い時期は前あきの羽織が必須です。
パーカーなど、鋭い角のあるジッパーがついているタイプは、赤ちゃんを傷つけるかもしれないのでやめておいたほうがいいかも。

授乳用ブラジャー

何回もおっぱいを取り出すので、普通のブラだとめんどくさくなります。
母乳の出が良い場合は、ブラに染みてくるので、隙間にタオルをはさむことになります。
おっぱいまみれです。

ガーゼハンカチ2・3枚

こぼれてしまう母乳を拭いたり、ブラにはさんだり、沐浴で使ったり・・・。
退院してからもフル活用です!

産褥ショーツまたは生理ショーツ

産後は血(悪露)がびっくりするほど出るので、生理用ナプキンの化け物みたいなものをあてます。
生理用ショーツで十分間に合うと思います。

生理ナプキン(夜用)1袋

退院前くらいに悪露が落ち着き始めたら使います。
必ず夜用の大きいもので!

赤ちゃんの肌着

たぶん退院用?

赤ちゃんの着物

たぶん退院用?

おむつ

たぶん退院用?
新生児用の小さいサイズを買いましょう。
買いだめしすぎたら、余ることがあるので注意!

おくるみ

退院用です。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2015/11/17 23:19:17

看護師さんや助産師さんに教わった方法、自分でやってみて良かった方法をご紹介します。

 

水分をたくさん摂る

とにかくのどが渇きます。
私は自然に普段に加えて1リットルくらい飲むようになりました。
また、毎食味噌汁やスープを加えると無理なく飲めます。
温かい麦茶がおすすめです。

 

タンポポコーヒーを飲む

入院中、少ししか出なくて悩んでいた時に、家にあったタンポポコーヒーを旦那に持ってきてもらい飲むと、分泌がよくなったのか噴き出すようになりました!
お守りがわりに毎日飲んでいます。

 

ハーブティーを飲む

これを購入しました。
スーっとしたさわやかな味です。
飲んだ後、母乳が湧き上がってくるのを感じます。胸がパンパンになります。

 

根菜類を食べる

おいしい母乳になるそうです。
きんぴらや豚汁が簡単に作れておすすめです。

 

米を食べる

入院中の食事のごはんの量は大盛です!
日本人には米がいいみたいです。
もりもり食べましょう!
餅は乳腺が詰まりやすくなるそうなので注意!

 

マッサージをする

ネットで探し、乳房のマッサージをすると出が良くなりました。

 

乳房の張っている部分をグッとつまむ

張っている部分は乳が溜まっている部分らしいです。
そこに圧をかけながら搾乳したり、授乳すると出てくるそうです。
やりすぎると痛くなるので注意!!

 

乳首の乳腺の入り口にカスが詰まっていないかチェック

乳首をよく見ると、白いカスのようなものがついていることがあります。
それが乳腺をふさいでしまっていることがあるので、取り除きましょう。
また、ニキビの芯みたいに、ぎゅっとつまむとコンニチハすることもあります。

 

いろんな搾乳器を試す

手しぼりでは量が取れないことがあるので、病院にある搾乳器を試してみましょう。
私は電動のシンフォニーや、カネソンの手動のものを試しました。

 

シャワーで胸を温める

温めると、ポタポタとたれてくることがありました。

 

看護師さん、助産師さんに泣きつく

病院にもよるかと思いますが、私の場合は入院中にしょっちゅう看護師さんがおっぱいコンディションを確認しに来てくれました。
出ていないときは乳首をぎゅっとつまんで、マッサージしてくれました。めっちゃ痛かったですが(泣)
でもさすがプロなので、よく出るようになりました。
退院後は母乳外来というのもありますので、どんどん頼っていきましょう。

 

自分の赤ちゃんの写真を見る

私の場合、赤ちゃんは入院し、すぐに抱っこすることができなかったので、写真を撮ってそれを見て萌えていました。
赤ちゃんを想う気持ちが母乳を作るらしいです。

 

よく寝る

お母さんが疲れてしまうと、母乳が出なくなってしまうようです。
深夜の搾乳は大変ですが、睡眠不足で母乳が出なくなっては本末転倒です。
お母さんが疲れ切ってしまうなら、深夜はサボってもいいと看護師さんが言っていました。
授乳の場合はそうはいかないので、日中に赤ちゃんと一緒に寝てしまいましょう。

 

出なくてもとにかくくわえさせる

赤ちゃんがくわえることで、体が反応し、母乳が作られるそうです。

 

続きを読む≫ 2015/01/03 11:53:03

出産・入院中

・最近はヒッヒッフーと言わない。

 

・うんちは出てしまうので仕方ない!出たかどうかもわからない!

 

・腰をさすってもらうと痛みが和らぐ。上手い下手がある(笑)

 

・陣痛が弱いと促進剤を打たれる。地味に痛い。

 

・旦那にイラッとする(笑)

 

・大きい病院だと、研修生に見学される。

 

・先生はいよいよ産むぞ!というときにやってくる。つきっきりではない。

 

・陣痛は腰がめちゃめちゃ痛くなる。

 

・分娩台の手すりの上のほうを持つといきむ力が入りやすい。

 

・陣痛が規則的にきているときの、痛みが引くときは眠れるほど痛くない。

 

・陣痛促進剤を使うのに同意が必要。陣痛中に言われてびっくり。

 

・いきむのは赤ちゃんが降りてきてから。

 

・会陰切開より、分娩後の縫合のほうが痛い。切開のときは赤ちゃんを出すための痛みのほうが強いから気にならない。

 

・会陰縫合した後の排尿はしみて痛い。

 

・会陰縫合後のウンチは縫ったところが裂けそうで怖くていきめない。

 

・産後は母乳が作られるので便秘になりやすい。下剤を処方されたら迷わず飲むべし。

 

・産後の病院食の量は半端じゃない。

 

・個室料金の値段にびっくりする。

 

・人前で股を広げすぎて羞恥心が薄れてくる。

 

・悪露をおさえるナプキンが超巨大(笑)

 

・股から出る悪露の量にびっくりする。

 

・のどが渇き、腹が減る!餓狼状態。

 

・すぐにおなかはひっこまない!!!!(笑)

 

・産んだ直後は超ハイテンションになる。

 

・へそのお、胎盤を見せてもらえる。

 

・産後1日は車いすで。

 

・トイレに行くのも付き添いが必要。

 

・授乳したり、講座を受けたりで、なかなかゆっくりする時間がない。

 

・最初は数滴だった母乳が、10mm、30mmとどんどん増えていく。

 

・看護師さんにえげつないほど乳房をもまれる。母乳のためだが痛すぎる・・・。

 

 

 

退院後

・油断して下剤を飲まなかったらひどい便秘になり、浣腸をするはめになった。

 

・尿漏れが発生(泣)

 

・骨盤が引き続きガッタガタで歩くのもきつい。

 

・反り腰になっており、あおむけで眠れない!

 

・意外と家事はできる。

 

・授乳するとのどの渇きと眠気が襲ってくる。

 

・母乳が服に染みてしまう。

 

・円座布団がないと座れない。

続きを読む≫ 2015/01/01 23:27:01
ストロー付ペットボトル

分娩台に横たわるので、ストローがないとこぼれちゃいます。

 

うちわ

暑いです!旦那にあおいでもらいましょう!

 

食糧

ウイダーなど、横たわっても食べられるものがおすすめです。
いつ、どこで陣痛が始まるかわかりませんし、出産は長丁場なのでおなかがすきますよ!
私はウイダー3つ飲みました。
産後は便秘にもなりやすいので、こんにゃくゼリーとかヨーグルトとかペットボトル飲料を常備しておきましょう。

 

魔法瓶の水筒

母乳を出すためにも水分補給は必須!温かい飲み物をいつでも飲めるようにしておくのがいいです。

 

たんぽぽコーヒー等母乳の分泌を促す飲み物

最初はなかなか出なくて焦りますので、少しでも出るようにするために。
出ないと痛いマッサージを受けることになります(泣)

 

S字フック

分娩から数日は、立つのもやっとです。できるだけ動かないようにするためにも、ベッド周りにものを置いておくのがいいです。
これがあれば、ベッドの手すりに袋をひっかけることができるので、動かなくて済みます。

 

小分けの洗濯洗剤

下着やソックス、タオルなどは洗って干しておくと、持ち帰る洗濯物も増えず、帰ってからも楽です。

 

カメラ

赤ちゃんを撮るのはもちろん、哺乳瓶やおむつの種類のメモ代わりにも便利でした。

 

ハンガー、洗濯バサミ

洗濯物を干す以外にも、袋をつるしてかけたり、スマホ充電コードを下げておいたり、あれば便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2015/01/01 23:13:01

人気のベビーグッズ