広島で出産・育児

 

退院してからが本番!?

退院してからが大変だったように思います。
前もって教えてほしかった〜!と思うことがたくさんありました。

 

ここでは、少しでも新米ママさんが楽になるように、私が新生児のお世話をして困ったことと、その対策をまとめています。
気になるものを以下からクリックしてください^^

産まれてから3か月くらいはミルクと母乳の混合栄養でした。
しかし、いろいろあって完全母乳となりました。

 

古い世代の母乳信仰は行き過ぎていると思います。
知らないおじいさんまで、「母乳か?」と聞いてきます(笑)セクハラか!
ミルクでも余裕ですくすく育つんだっつーの!!と言ってやりたいです。

 

・・・ここでは私が完全母乳へ移行した流れをまとめておきます。
参考になるか怪しいですが・・・

 

 

混合から完母になった流れ

今思えば、これが良かったのではないかな・・・ということも書いています。

 

産まれてから1ヶ月半ほどNICUに入院

・看護師さんに授乳方法を1か月ほど叩き込まれた
・3時間ごとに搾乳機で母乳を絞っていた。(病院に届けるため)
・飲まなくても10分はおっぱいを口に含ませていた。
・病院の哺乳瓶は母乳育児用の硬い乳首だった。(母乳相談室)
おっぱいはフル稼働でした。搾乳したから出がかなりよくなりました。

 

 

退院してから

・飲まなくてもおっぱいタイムは10分確保していた
・母乳より体重増加のことを考えた
・生活リズム表をつくり、どれくらい飲んだかメモしていた
・米をたくさん食べた
・哺乳瓶の乳首を母乳育児用のものにした
毎回40〜60くらい足していました。

 

 

1か月検診後

体重が順調に増えていたので(むしろ増えすぎ?!)、完母に移行できるよ、と先生に言われた。
ミルク代もかからないし、哺乳瓶を消毒しなくていいし、完母にするぞ!と決意しました。
・日中は母乳のみで過ごすようにした。
・泣いたら即おっぱいをあげていた。
・一週間ごとに体重をチェックしていた。
母乳で足りているのか不安になる日々・・・

 

 

4ヶ月くらい

・いきなり哺乳瓶を拒否するようになった。(どうやら消毒液が臭かったみたいです)
・ミルクを飲まない分、必死で何回も飲ませた。
・添い乳を始めた。
・夜間授乳も2回くらいしていた。

 

 

完全母乳に!
ミルクは一切飲みません^^;
ありがたいことなんだけど、外出時は不便ですね><
長時間人に預けることもできません・・・。

 

 

個人的には
・母乳の出と質を常に良くしておく
・哺乳瓶は母乳育児専用の硬い乳首のものを使う
がポイントのような気がしました。
哺乳瓶のほうがラクだと思わせたらいけない、と病院で教わりましたので。

続きを読む≫ 2015/08/21 15:08:21

赤いニキビみたいなものが目の上やほっぺたに、ぶつぶつがおでこに出ました><

 

せっかくのつるつるお肌が台無し!
また、アトピーや喘息の最初の段階、という情報もありました。

 

これは何とかしないと!!

 

ということで、治す方法を調べ試したら改善しました!
その方法をメモっておきます!

 

とにかく清潔&保湿がポイント

 

お風呂で念入りに顔を洗う

今までは濡らしたガーゼでさっと拭くくらいでした。
それを、お湯をたっぷり含ませたガーゼで、湿疹のところを中心に撫でるように洗うようにしました。
特におでことあご。ここの湿疹は脂が原因だったそうです。
きちんと洗うようにしたら引いていきました。

 

ベビー用ローションを塗る

試供品をいろいろもらっていたので試しました。
すると、1日でほっぺたの赤い湿疹が消えました^^;
大人でも乾燥すると肌が荒れますが、赤ちゃんはさらに乾燥しやすいようです。
朝起きて顔を拭くときと、お風呂上がりにたっぷりと塗っています。
うちはこれを使っています。安くてたっぷり使えます。

 

食事に気を付ける

私はありがたいことに乳腺が詰まることはなかったので、チョコや生クリームをがっつり食べることもありました。
するといつも数日後に、息子の肌が荒れます。目の上に赤い湿疹ができます。
やはり、母親の食事と関係があるようです。

 

ネットで調べてみると、乳製品と卵が特に良くないとありました。
そういえば毎日ぐびぐび牛乳を飲み、ヨーグルトを食べ、アイスも食べ、卵かけご飯を食べていました・・・。
セーブしてみると、ローションとの合わせ技もあるかと思いますが、湿疹がなくなりました!!

 

あまりにもひどいなら、病院にかかったほうがいいかもしれません。
アトピーやアレルギーかもしれません。

 

続きを読む≫ 2015/03/16 22:47:16

赤ちゃんって、自分で眠りにつくのがへたくそなんですよね。
眠れなくて泣く寝ぐずりというのもありますね。

 

抱っこしてゆらゆらして、やっと寝てくれたと思い、布団に置くと・・・起きてしまいまた最初から><

 

体力も気力ももたないです!!

 

ということで、寝かしつけの楽ちんな方法をメモっておきます。
実際にやってみたのと、効きそうだなという方法です。

 

ベビーカーに乗せてゆらゆらさせる

外出時には、ベビーカーに乗せるとすぐに寝てしまいます。
これを利用して、部屋の中にベビーカーを持ち込み、ゆらゆらさせれば寝るのでは・・・?

 

おくるみで包んでおくと、着地のときに起きない!

布団が冷たいと、背中スイッチが入って起きてしまうんですよね><
そうならないために、あらかじめおくるみや布団で包んでおくと、暖かいままなので起きませんでした。

↑超有名なおくるみ!

 

バランスボールの上で抱っこしてボヨンボヨン

芸人の土田さんがしていたそうです。
体に負担をかけずにあやせそうですね。

 

抱っこひもに入れて歩き回る

抱っこひもに入れて歩き回ると寝てしまう法則を利用します。
ただ、着地が難しいです。

↑新生児用の横抱きパーツ

 

子守唄を歌いながらゆらゆら

自分の好きな曲を歌いながらゆらゆらします。
時間が経つのを忘れるためと、自分自身がリラックスするためです。

 

目の上に手のひらをかぶせ、強制的に目を閉じさせる

これは無理やりですね(笑)

 

添い乳

一番効果がありました。
横たわっておっぱいをあげます。
飲みながら寝てくれます。
チュクチュクと吸引が弱くなったら寝ています。
自分自身が寝てしまうと、赤ちゃんの鼻や口をふさいでしまって、窒息するかもしれませんので、くれぐれも寝ないように。

 

体操座りの足の上で前後にゆらゆら

主人がやっています。
楽な体勢みたいです。

 

お母さんが寝たふりをする

赤ちゃんが遊んでほしそうなときに有効です。
また、暗い=遊んでくれないと刷り込むのにも有効かと。
眠すぎるときは自然にそうなりました。寝ました!

 

おしゃぶりをくわえさせる

これは病院でしていました。
好みがあるので、くわえてくれるのを探すのに一苦労です。

 

ラッコ抱きにする

お母さんがあおむけになり、赤ちゃんの顔が胸にくるように、うつぶせで抱っこします。
顔は窒息しないように、横を向けてあげてください。
安心して寝てしまいます。
起き上がるときは大変ですが・・・。

 

おしりを強めに一定のリズムで叩く※首がすわってから

バシ、バシ、とゆっくりめに叩くと気持ちよくなって寝ることがありました。
保育士さん直伝です。

 

熟睡のサイン※うちの子の場合

・口をぽかんと開ける
・手に力が入らなくなり、だらりと落ちる
・規則的な寝息が聞こえる

 

それは寝言かも?!

赤ちゃんを寝かしつけて、30分後くらいに、うーんとか、アーンとか言い出すので、すぐに抱きあげていませんか?!

 

それもしかしたら、寝言かもしれません。
 
泣きだしたとしても、30秒くらい様子を見て、目を開けているか、泣き止まないか確認してから抱き上げたほうがいいですよ^^
寝言だったら、すぐに落ち着いて、また眠りに落ちます。

 

お困りの方におすすめの本

 

赤ちゃんに生活リズムをつけさせるにはどうしたらいいかがわかりました。
何も知らずに育てるのとは大違いだと思います。
また、寝かしつけについて詳しく書かれており、大変参考になります。
買って損なし!

続きを読む≫ 2015/02/21 21:34:21

 

 

室温と服と布団の調整は、病院では練習することができないので行き当たりばったりでした。

 

湿度・温度計を買い、常にチェックしていました。

 

厳冬期(12〜2月)

エアコンを「自動」か20度くらいに設定していました。
長肌着+カバーオール+ベスト
靴下ははかせませんでした。体温調節を足でするらしいので。
就寝時はフリースブランケット+タオル+毛布をかけました。

 

外出時は長肌着+カバーオール+靴下+おくるみでベビーカーに乗せていました。
フリースブランケットも持ち歩いていました。
帽子もあればよかったかも。
検診や予防接種くらいしか外出はしませんでした。

 

春の気候(3月〜6月)

エアコンは使いませんでした。
寒いときは上記と同じ
だんだん暖かくなってくると、ベストを脱がせ、布団も一枚減らしました。
さらに夏に近づくと、半袖のカバーオールを着せ、肌着をユニクロのメッシュ素材にしました。

 

夏の気候(7〜9月)

クーラーを自動か26〜28度設定で一日中つけていました。
そこまで暑くない日は扇風機を使いました。
暑いと寝つきが悪いし、途中で起きてしまうので、フル稼働でした。

 

涼しい素材のカバーオール一枚で、下着は着たり着なかったり。
首が完全にすわったので、上下別の服を着せるようになりました。
就寝時は長肌着一枚にバスタオルをかけました。
着替えが面倒な時は、一日中肌着で転がしておきました。
たまにズボンもはかせました。
首の後ろに汗をかいていないかこまめにチェックしました。

 

続きを読む≫ 2015/01/24 22:55:24

やたら息が荒かったり、おっぱいを飲むときの息継ぎが苦しそうな時がありました。
よく観察するとズルズルと息子の音がするのに気づきました。しかし、鼻の穴をのぞき込むも何も見えず。

 

苦しそうで窒息しちゃうんじゃないかと不安になり、鼻づまり解消について調べたのでまとめておきます。

 

鼻づまり解消の手段

母乳を鼻に入れる

まさか?!の手段ですが、確かに効果がありました。
消炎作用があるそうです。

 

直接鼻の穴へ噴射するのは難しいし、笑えてきてしまったので、スポイトを購入し、それで鼻に挿しました。
スポイトは書道コーナーにありましたよ。

 

ただ、大量に入れてしまうと赤ちゃんがむせて泣いてしまいます。

 

玉ねぎを枕もとに置いておく

玉ねぎに含まれる成分が鼻づまりを解消してくれるそうです。
ただし、部屋が玉ねぎ臭くなります。

 

ママ鼻水トッテを使う

ネット上でも評判の良い「ママ鼻水トッテ」。
これです。どこでも売っています。

 

仕組みはいたってシンプル。赤ちゃんの鼻にチューブを突っ込んで吸うのです。

 

しかし、これが意外と難しい!修業しないと取れません。

 

コツは
@風呂上がりに行う
つまっている鼻水を柔らかくします。

 

Aチュチュチュと小刻みに吸う
一気に吸うと、粘膜などを傷つける恐れがあります。
小刻みに吸って、奥にある鼻水を手前に引き寄せる感じです。

 

やってみてわかったのですが、
じゅるじゅるの鼻水が取れるかと思ったら、実際はねっちょりした鼻くそが、鼻の奥から見えるところまで移動してきただけでした。
チューブまで入ってきませんでした^^;

 

鼻水がたれているときは、そのまま取ればいいのですが、鼻づまりを解消したい場合は、吸った後によく鼻の穴を観察してください。
ねっちょり鼻くそが、見えるところまで来ていると思います。
それをべビー綿棒でからめとってあげて完了!となります。
赤ちゃんは泣きじゃくりますけど我慢我慢!

 

一つだけ注意点があります。
赤ちゃんが風邪だった場合、それをもらってしまうことがあるそうです!!!!

 

 

普段から鼻の穴を観察し、鼻くそがあったらこまめに取ってあげたらいいですね!

 

メルシーポット(電動鼻水吸引機)を使う

これもネットで話題の商品です。

 

鼻に突っ込むと、ズルズルと鼻水を取ってくれるマシンです。
慣れれば子供が自分で吸引できるみたいです。

 

鼻水が出ていると、口呼吸になったり、寝つきが悪くなったり、中耳炎になったりと、いいことはありませんね!
耳鼻科へ行くのもいいのですが、連れていく手間と費用を考えると、決して高い買い物ではないと思います。

 

私自身、幼いころは毎週のように耳鼻科に連れていかれました。
3人兄弟全員です。待ち時間は長いし、暇だし行きたくありませんでした。
家にこれがあったらどんなに楽だったのかな・・・と思ってしまいます。

 

 

病院へ

どうにもならないときは、病院へ行きましょう♪
★風邪のため小児科へ

 

第二子のとき

病院へ行って吸引してもらいました!!

続きを読む≫ 2015/01/24 22:55:24

ウンチが出ない原因

 

ミルク育児

母乳よりミルクのほうが便秘になりやすいそうです。
ミルクは腹持ちが良い分、消化の面で母乳に劣るそうですね。

 

確かにうちも、
母乳:ミルク=4:1から、1:2くらいの割合に変えてから便秘になった気がします。

 

うちの子は混合で、
アイクレオ→便秘で綿棒浣腸頼み
はいはい→2日に一回
ほほえみ→3日に一回
でした。

 

水分不足

ウンチが固い場合はこれかもしれません。

 

未熟な腹筋

まだまだ筋力が弱く、ウンチを押し出す筋肉も成長しきっていないので、便秘になりやすいそうです。
成長すれば問題なく出せるようになります。

 

未熟な腸

新生児の腸は、ウンチを溜めておけず、刺激があればすぐに排出してしまうみたいです。
成長すれば大人と同じように数日ウンチを溜めておくことができるそうです。

 

病気

腸閉塞などが考えられるそうです。

 

解決策

 

白湯を飲ませる

水分不足の場合、ミルク量に影響しない程度で湯冷ましを飲ませてみましょう。

 

砂糖水を飲ませる

砂糖には、ウンチを柔らかくする効果があるそうです。
固いうんちの子にはいいかもしれません。
湯冷まし100mmに対し、砂糖小さじ1で作れます。
オリゴ糖もおすすめです。

 

ただし、飲ませすぎには注意しましょう。

 

マルツエキスを飲ませる

赤ちゃんも飲める便秘薬です。
なかなか売っていません。赤ちゃんホンポにはありませんでした。
ドラッグストアひまわりでミルクコーナーのところで見つけました。
ネットで買うほうが安いです!

 

綿棒浣腸をする

出ないのを放置するのはよくないので、実力行使です!

 

大人用の綿棒の先にオイルをつけ、肛門に挿入し、刺激します。
赤ちゃんは結構嫌がるので、押さえつける人、挿入する人の2人がかりでするのがおすすめです。
コツは、綿棒の綿の部分プラス1センチくらい挿入することです。最初は固いのですが、途中から柔らかい感触になります。
ここまで挿入しないとウンチが出ずに、赤ちゃんにただいやな思いをさせるだけになってしまいます。
思い切ってずぶりと行きましょう!

 

また、肛門を広げるようにくるくる円を描きながら挿入するのも大事です。
ガスも出てすっきりするでしょう。

 

下腹部を軽く押してあげてもいいでしょう。

 

ものすごい勢いでウンチを噴射することもありますので、新聞を敷き、おむつでガードしたほうがいいですよ。

 

くせにはならないそうなので、苦しそうならやってあげましょう!

 

イチジク浣腸をする

ドラッグストアに売っている、子供用を使います。

赤ちゃんなので、1つのさらに半分です。
綿棒浣腸と同じく、ぶすりと奥まで挿入し、液を入れ、肛門を押さえておき数分待ちます。
その後、解放します。
たっぷり出るでしょう。
私も息子にやってみましたが、たっぷり出ました^^
コツは、先に綿棒で肛門を広げておくことだと思います。

 

自信のない方は、病院でもやってもらえるそうです。

 

この浣腸は、腸内を液で刺激するので、頻繁に行うと浣腸なしではウンチが出ないことになるそうです。

 

マッサージをする

お腹をのの字マッサージ、足を自転車こぎのように動かしてあげると、腸が刺激されるそうです。
おならもよく出るようになります。

 

母乳の質に気を付ける

これも言われていますが、よくわかりませんね。
自分の母乳を白いタオルに噴射してみて、黄色かったら悪い母乳、とどこかで見た気がします。
やっぱり食べたものが反映されますね。
お菓子や油ものを食べたら黄色の油っぽいものが出ます。
ストレスにならない程度に気を付けてみてはどうでしょう。

 

 

結局・・・※うちの子の場合

退院して1週間くらいで、毎日出ていたウンチが出なくなりました。
綿棒浣腸やイチジク浣腸、砂糖水などをいろいろ試しましたし、病院にも相談しました。
いろいろ手を尽くして、あきらめて放置していると、綿棒浣腸の二日後に自力でたくさん出しました!

 

どうやら腸が成長し、ウンチを数日溜めておけるようになったみたいです。
(ミルクをアイクレオからはいはいに変更したのもあるかもしれません・・・。)

和光堂 レーベンスミルク はいはい810g×2缶パック (おまけ付き)

新品価格
¥3,399から
(2016/12/29 15:59時点)


1日数回のペースから、2〜3日に1回(大量)と変化しました。

 

万策尽きた方、もしかしたらこれかもしれませんよ。

 

追記
6か月ごろから自力で出せるようになりました^0^

 



 

続きを読む≫ 2015/01/22 13:27:22

いきなり赤ちゃんが顔を真っ赤にしていきみ、「ウーンウーン」とうなりだし、びっくりしたことはありませんか?

 

うんちは出ていないし、うなり終わったらケロっとしているし・・・いったい何なんだろう、と不思議に思っていました。
病気も疑いましたが、調べてみると、原因となるようなことをいくつか見つけましたのでメモっておきます。

 

便秘

普段、うちの息子は毎日数回ウンチをしていたのですが、ウンチが出なくなり、そのあたりからうなり、いきみが始まったような気がします。
綿棒浣腸をしてみると、くっさいウンチが大量に出ました。いきんでも出ないので、何回もうなっていたようです。
→★便秘解消のページへGO!

 

お腹に空気がたまって苦しい

ミルクや母乳を飲むとき、どうしても空気を飲んでしまいます。
それがお腹にたまって苦しくてうなることもあるそうです。

 

解消するには、ミルクを飲んだらゲップをさせること、便秘を解消し、おならを出させることが重要です。

 

ウンチが緑だったら、空気を飲んでしまっているらしい、という記述も見つけました。

 

個人的に効果のあったゲップの出し方

縦抱きにして、背中を下から上へゆっくりとさすると出やすい気がします。大きいのが出るまで続けます。
また、おっぱい左右チェンジのときや、哺乳瓶での途中休憩のときも、その都度ゲップをさせるといいみたいです。
さらに、飲ませるときは縦抱きに近い抱き方で飲ませ、スムーズに胃に入っていくようにしました。

 

カンガルーケアのときのように、赤ちゃんをうつぶせにして胸の上に寝かせても出ていました。

 

縦抱きで抱っこして、歩き回るのもいいそうです。程よい振動がいいそうです。

 

個人的に効果のあったおならの出し方

ミルクを飲んだ後、時間をあけてお腹を「の」の字マッサージすると出やすい気がします。
また、赤ちゃんをうつぶせにして寝かすとブーっとよく出る気がします。
↑寝ているときはしたらダメです!!

 

傾斜をつけて寝かせると楽になるみたい

腰から上にタオルか何かで傾斜をつけてあげると、あまり唸らずに寝てくれました。
いっそのことバウンサーやベビーシート、ベビーカーの中で寝かせてもいいかも。

 

母乳・ミルクの飲ませすぎ

適量は、個人差はありますが、一日で「体重(kg)×200(mm)」と病院で教わりました。
3500gだったら、3.5×200=700mmですね。
また、ミルクの缶にも書いています。

 

一日の量を計算して、はるかにオーバーしていたらあてはまるかもしれません。

 

また、吐き戻しがあるときもそうかもしれません。

 

母乳・ミルク量を計算してみてはいかがでしょう。

 

ちなみに私は毎日150mmくらいオーバーしていました。
そりゃしんどくなりますよね。(T0T)

 

かまってほしい

ネットで見ましたが、「寂しいのではないか」という意見がありました。
確かに、抱っこしたらマシになることが多いです。

 

一気に成長する前触れ

放置でよい、という意見もありました。
一気に体重が増え、成長する前触れなので、病気ではないとの記述も。
万策尽きたときはこう思ってもいいかもしれません。

 

重大な病気が隠れていることがあるので、心配な方は病院へ行きましょう!!!!

続きを読む≫ 2015/01/22 13:17:22

人気のベビーグッズ